ハイブリッド車と電気自動車、選ぶならどっち?

ハイブリッド車と電気自動車、結局どっち?

これから新しく車を購入する際、ハイブリッド車と電気自動車のどちらを選べばいいのか迷う人も多いことでしょう。

 

地球環境を第一に考え、それほど遠出もせず日常的に近距離専用で使いたいという場合は電気自動車がおすすめです。
車掌価格はまだ割高感がありますが、長い目で見るとお得かもしれません。
日産自動車は、電気自動車の5年間のランニングコストを「ガソリン車の約60%減、ハイブリッド車の約20%減」と試算しています。
リーフのように、充電した電気を家庭用に使える技術もこれからさらに進歩していくことを考えれば、電気自動車への需要もますます高くなるのではないでしょうか。

ハイブリッド車と電気自動車、どちらを選ぶ?

ハイブリッド車は、遠出のドライブを好む人に向いています。ガソリン車より燃費ははるかに良くなってきていますし環境にも優しいという利点があります。車両価格は同じ車種のガソリン車より高価ですが、燃費が良いことと、エコカー減税による取得税の免除や、重量税の軽減などの措置によってコストが安く済む場合もあります。

 

ハイブリッド車も電気自動車もそれぞれメリットとデメリットがあります。それらを考慮した上で、クルマの使用目的や使用頻度、平均走行距離に加えて予算とデザインの好みなどで決めるといいのではないでしょうか。