ハイブリッド車と電気自動車、選ぶならどっち?

電気自動車とは?

電気自動車は、ガソリンの代わりに電気をエネルギー源とし、電気モーターを動力源として走る自動車のことをいいます。
電気自動車は、ガソリン車が発明されたのと同じ頃、もしくはもっと古くからあったといわれています。
我が国でもかつて走っていたトロリーバスや遊園地のゴーカート、フォークリフトなども電気自動車です。
近年、地球温暖化などの問題から環境に優しい電気自動車の開発が急速に進み、実用化されてきました。

 

いま普及している電気自動車の多くは、フロア部分にバッテリーを置き、街中にある充電専用スタンドや、家庭用の専用充電設備から充電させることで走行が可能になっています。ガソリンを一切使わないことでCO2や窒素酸化物など、空気を汚すガスを全く出さない究極のエコカーと呼ばれています。
その他のメリットは騒音が低いこと、エンジン不要ゆえに車内の空間が広いこと、エネルギー効率がガソリン車の約3倍、などです。

 

電気自動車はおおまかには2つのタイプに分かれます。「電池式電気自動車」はEVと略されるものです。家庭でも充電が可能ですが充電に時間がかかるのがデメリットです。
「燃料電池電気自動車」は、バッテリーではなく水素タンクを搭載したもので、酸素との反応によって電気を発生させる燃料電池を使うタイプです。輩出するものは水のみ。電気で充電するのではなく水素をタンクに入れます。

 

EVスポットの増加
電気自動車の充電スポットであるEVスポットが全国で急速に増えています。
ディーラーやガソリンスタンドはもちろん、民間企業やタクシー会社、役所などにも設置してあります。
「途中でバッテリーがなくなったら・・・」という不安に心強いですよね。